2017年3月18日



午前四時半
大空はクモ雲のモクモク大会
でも真中にお月様(ほぼ満)が煌煌と
大丈夫!だって・・・
雨がパラパラ 風もキツくなって
・・・・アーオーウーエーイー



天倉貯金の凄さ!!(足引っぱり、ねたみ無い事)

1、0さん 色々やって来た
   あともう一歩!
  それがムーハウツウの絶対点に船井メッセージ通り(人類、     
 地球、世界、・・・)と書いてイメージしたら天倉がトラン   
 プ並みになって・・
イ、予想外の会員増
ロ、今迄、未体験の過去の五倍以上の単価の入札成功
ハ、健康他云々.・・・


2、Mさん 何もかも快調!体調三倍アップ(実感)
     仕事の進捗、効率三倍アップ
3、Kさん (家庭の平凡な主婦)天倉トランプ並み
   毎日、時空研対応朝晩各90分
  夫婦問題、子供の進学問題、
            何もかも恐ろしい位快調!
三月十六日
何故か…?凄い吉報ばかり!!
H氏10年越しの懸案のマンション売却決着
O氏 超大規模入札成功(落札価格フーチピタリ)
M氏 特殊万能薬完売通知


超弩級最終究極ハウツウ
難しい議論は医者、学者におまかせ

 嗜銀球(嗜銀顆粒)は生命活動の糞尿痰である(フーチ)
 従ってこれのお掃除が、癌、認知症・・・難病の完治の決め手の様です。


ではどうすれば良いか・・・今の所、時空研シカ出来ないが、

全身全細胞、患部等から嗜銀球を抜きまくる
 又、嗜銀球完璧除去に関わる百兆個のソマチッドに(p)で良い!!



世界変革①
ベンジャミン氏
フーチ 90%
  歴史的豹変に見舞われる欧米社会とその原因
 2017年、世界、特に欧米社会は敵視的な激変に見舞われる。2016年におきた「イギリスのEU離脱」や「アメリカのトランプ大統領誕生」などの出来事は、その兆候ともいうべき変化の始まりだった。それに続いて今年は、イタリアやドイツ、フランス、オランダ、日本、韓国…等々でも、普通でない革命的な政変劇が起きる公算が大きく、それと同時にかなりの市場混乱も予測されている。
 この世界的変化の大元を辿ると、大きく2つの原因に突き当たる。1つ目は、人口力はもとより、世界の金融経済の中心が欧米からアジアへとシフトしたこと。そして2つ目は、強大な軍事力を誇るアングロ・サクソン世界において、その実働部隊である軍部が、欧米を寡頭支配する権力者らに対して反旗を翻したことだ。った。
 
トランプ新政権で暴かれる長年封印されてきた事実

 トランプが大統領選に勝利した直後から、旧欧米権力のパニック状態は相当なものだった。それを最も強く表していたのがオバマ政権とその周辺による「ロシアへの威嚇」。彼らは、何の証拠も示さないまま「ロシアがサイバー攻撃を仕掛けて米大統領選に介入した」と断言し、昨年12月29日にはロシアへの報復措置も発表している。
 大統領就任式の前日19日に、メキシコ麻薬密売組織シナロア・カルテルの最高幹部ホアキン・グスマン(通称:エル・チャポ)がメキシコから米当局に引き渡された。

 またその前日の18日には、14日から入院していたジョージ・H・Wブッシュ(パパブッシュ)がICUに移され、妻のバーバラ・ブッシュも緊急入院している。これらの出来事は、トランプの大統領就任とも深く関係し、いずれはアメリカに二重人格的に存在している「裏と表の現実」の融合へと繋がっていくはずだ。