2017年3月17日



午前3時
湯船の窓から
沈黙のシンフォニーが流れ
弦月の睨みにほくそ笑み
アービンラズロの
量子真空の意識
広がる一体感
アーオーウーエーイー




老眼を回復させる目薬



 人間の目は“カメラのレンズ”の役割を果たす水晶体が毛様体筋の収縮によって厚みやカーブを変えることにより、光の屈折を調整してピントを近くに合わせる。この力を「目の調節力」という。

 老眼とは、医学的に「加齢とともに水晶体が固くなって“調節力”が衰える現象をさす。

「調節力の低下は現象で、加齢とともに誰にでも起こる調節力は20代から徐々に落ちはじめ、40歳以降に自覚症状が出る人が多い。50代ではほぼ全ての人が老眼を自覚するといわれています」。一度老眼が始まると、元通りには戻らない。

時空研・・・ ☆眼を新品にする  
  水晶体(硝子体)・網膜・毛様体筋之幹細胞之
  ソマチット之トレフォン之メンタルレベルに(P)



多発性硬化症

【多発性硬化症とは】大脳・小脳・脳幹・脊髄など中枢神経系の各所に脱髄巣が生じて運動障害や知覚障害(しびれ感)、視覚障害などをおこす病気です。よくなったり(寛解)、悪くなったり(増悪)と再発をくり返す慢性の病気です。
 一〇~五〇歳代に発病し、おもに二〇~三〇歳代に多くみられます。人口一〇万人に対し二~四人の割合で発病し、原因は不明。

【原因は】ウイルス、アレルギー

 いろいろな症状がみられますが、初期には視力障害、運動麻痺、知覚障害がおもな症状です。
 急に片方の視力が落ちたり、手足・顔のしびれや麻痺、複視。
【対応】
大脳・小脳・脳幹・脊髄の中枢関係系の脱髄巣Egぬいて、
更にHTLV―Iウイルス・IgE抗体・マスト細胞ぬく


*不整脈の対応
  殆どの人が不整脈 十万回(一日)

 症状 イ、急に始まり、急に収まるーーー突然死につながる
    ロ、胸騒ぎ、血の気が引く 血圧の低下ーーー危険
    ハ、胸が苦しい ーーー狭心症
    二、数日続き、身体が苦しくなるーーーー心不全の可能性

 一、脈が飛ぶ 期外収縮  心筋症・狭心症・弁膜症(過労、ストレス)
 二、異常に早い 発作性頻拍症 脈拍150~200 めまい、息苦しい、失神
    心房細動 常時振う 胸苦しい、動悸、息切れ 血栓の恐れ
 三、異常に遅い 洞不全症候群
    洞結節(信号出す)脈拍30~40 失神、だるい、息苦しい
         心房 司令塔でないところが指令出している。
    房室ブロック 房室結節が信号をブロック
 これらを波動チェックして、異常の原因を確定し、時空研流対応する
   各カルテは別紙

*最も多い心房細動

  洞結節、心房にEGを入れ、コクサッキーウイルス、フリーラジカル
    IgE,G抗体等を抜く。
  更に、心房から、血栓、アテロームを抜く、
  叉、甲状腺機能亢進の場合多く、甲状腺組織にEGを入れ
    ウイルス、フリーラジカル等を抜く
   僧帽弁の故障の時も多いのでチェックする。
  僧帽弁にEGを入れ、右と同様に抜く