2017年3月12日




どっぷりと湯船の中
大きな大きなアクビ
今日も素晴らしい一日が始まった
超サイレントなシンフォニー
神さま、ご先祖さま有難うございます
アーオーウーエーイ-



線維筋痛症 身体の広範囲に強い痛みを起こす原因不明の病気があります。検査をしてもほとんど異常がないと言われ、日本の医療機関では充分に治療されることが、まだ少ないようです。しかし、ほとんどの患者さんはリウマチなどを心配して受診することが多く、最近はリウマチ科医師の間で関心がもたれ、すこしずつですが、国内に浸透しています。また、アメリカ留学などで、現地の教授から薫陶を受け、日本でも真剣に対応しなければいけないと感じている若い医師達も増えて来ています。
頻度など
 欧米のリウマチ科ではよくある病気と考えられており、診断と治療は少しずつですが、確立されつつあります。有病率は米国ウィチタの調査では、女性で3.4%、男性は0.5%、人口の2%といわれております。原因はまだ解明されておりません。なんらかの免疫異常がかかわっていると言われています。外傷やストレスがきっかけになることもあります
症状について
 首から肩にかけての痛みやしびれ、上肢の痛みやしびれ、腰背部の疼痛やこわばり感、臀部から太ももの痛みと張り感、膝から下腿の痛みやしびれ、眼の奥の痛み、口腔の痛み、頭痛などの様々な疼痛症状があります。そのほか不眠、疲労感、頻尿、下痢、月経困難、生理不順などの身体症状、悪夢、焦燥感、不安感、憂鬱感などの精神的症状、あるいは、全身のこわばり感、冷感、四肢のだるさ、関節痛、自覚的な関節の腫れなどのリウマチ症状を訴える患者さんもいます。疼痛箇所が移動したり、気候によって疼痛レベルが変化することもあります。
線維筋痛症を知らない医師も多く、病院を転々としている間に悪化することも

線維筋痛症は病院の検査で異常無しと診断されることが多い
 線維筋痛症は、血液検査やレントゲン検査では異常無しと診断されることも多く、医療側の無理解で病院を転々としているうちに、精神状態の悪化から免疫異常が顕在化してくる場合もあります。うつ状態を伴っていることが多いので、自分にとって適切でない医療関係者の言葉に動揺し、せっかくの医療機会をのがしてしまう傾向もあります。第三者の客観的な判断やサポートも重要です。
対応 
 全身の線維筋・横紋筋
 全身の結合組織・膠原線維にEG入れ、
  免疫複合体・抗核抗体・抗DNA抗体等抜く
  更に、風疹ウイルス・HTLV-1ウイルスも抜く

   
瞑眩(めんげん)とは何か? 服用し始めて数日で症状が悪化したり、不快な症状が出てきた場合には、選んだ処方が体に合っていない可能性が高いのですが、例外もあります。漢方薬は生体の新陳代謝や治癒力を鼓舞することが多いため、体の機能が漢方薬に反応する過程で、一時的に症状が悪化したり、予期せぬ症状が出現することがあります。これを漢方では瞑眩(めんげん)と呼んでいます(イ)
・・・・・・一般的にも、キツイ治療をすると(霊的な事も含め)一時的に擾乱現象が(ロ)起こる事もある。イとロは同じ様な事ですが大変!しかしこれを通り越さないと治らない事もある。そこで、キツイ治療はイ、ロに構わず徹底してやり、イとロ対策もやる!

イ、ロ対策は
この治療に関わる一切のイ、ロに関わる百兆個のソマチッドに(P)でOKの様です