2017年3月9日



独り言・・・

高校生の生徒会の様な官房室
早く変えないと日本は取り返しがつかなくなる。
世界中の笑いものだ。
日産はフランスの会社になった?
パナソニックは本社をシンガポールへ
シャープは台湾企業になった
・・・・・・・・・・・・・・
・何もかも政治が超最低
・・・・


時空超越波動法の要点
1、時間・空間を言霊で超越する
2、それをフーチ又はIFテストで探査し
3、出た答えを意識とイメージで操作する
4、操作するに就いてはミリアスピンとか、十二鏡カードとか、ムー大陸法とか、補助道具を使う
5、考え方にソマチッド・プラズマ・大調和・実相顕現・
6、絶対化法を使う
7、生命が甦り、超難病が治り、人生問題にも奇跡が起こり、遠隔で答が出る
8、尚、過程で因・縁・果が浄化され人生が至福に至る



虚の問題(50分の1の法則の解消)
1,患部の波動がノイズ出なくなっている。しかしEG小さい
2,痛みとか症状は波動探査では消えている。しかし痛みが少し軽くなった程度で痛みは続く。症状もそれ程変らない。
3,人生問題・経済問題・人間関係・・・・あらゆる問題に就いて波動的にはノイズ無いのに具体的な答えが出ない。
4,1,2,3,は無論それなりに時空研ハウツウを因・縁・果と充分にこなした結果である。
*これらは「虚」の問題で、実は消えても虚がそのまま残っている。
*50分の1の法則で難病・難問の発生から今日までの期間の50分の1の期間は継続する。
*しかしその期間に患者・本人がヤッパリダメか?と言う意識を送ると、あらためて病気・症状・状況を作りだす事になる。
***そこで解決策としては 
A イ、カルテに 患部及びその虚のメンタル
ロ、   同  症状及びその虚之メンタルレベル
ハ、   同  状況及びその虚之メンタルレベル
と書いて浄化する!!
  B 本人の未だヤッパリダメかと言う思いを抜く、メビウスで括る。
*するとA/Bの後、再度波動探査するとEGが三~五倍大きくなる。
                      
アンチエイジングの新常識
毛細血管ケア
・体の老化=毛細血管の劣化?!
・“血流UP”が毛細血管ケアのカギ!
・毛細血管ケアに効果が期待される食材
若さと健康の大きなカギ「毛細血管」。 実は毛細血管は、年齢と共に減ってゆくため、肌など体中の細胞が酸素&栄養不足になってしまい大問題となります。 もちろん肌だけではありません。肺や肝臓などの臓器、そして脳にまで影響して、肝臓病や認知症など、様々な症状の引き金になると考えられているのです。     
体の老化=毛細血管の劣化?!
最新研究で分かってきた驚きの新事実。それは“毛細血管は年齢と共に減っていく”ということです。毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっています。ところが、皮膚の毛細血管を調査した研究では、60~70代の人は20代に比べて、毛細血管が4割も減少していました。
皮膚に酸素や栄養が届かなければ、シミ・シワなどお肌のトラブルの一因になります。また、肝臓や肺など、臓器の毛細血管が減れば、様々な機能低下や病気が起こる可能性もあります。


“血流UP”が毛細血管ケアのカギ!

いつでもどこでもラクチンに血流を上げられガッテン流は、『その場スキップ』です。ポイントは、第2の心臓と言われる『ふくらはぎ』のポンプ機能。スキップすることでふくらはぎのポンプ機能を強め、足の下の方から血液を戻す力を高める効果が期待出来ます。

 ☆ふくらはぎにEg入れる  毎日2-3分



発達障害治療に道


タンパク質CD38対人関係能力に影響

白血球のき表面にあるタンパク質の分子「CD38」が欠損すると発達障害になる可能性が高い。

東田教授らはマウスを使った実験で、CD38が欠損していると仲間を認識する能力が低いことや、子どもの養育を放棄する行動パターンが現れることを突き止めた。
原因を探ると、相手を信頼して良好な関係をつくろうとする脳下垂体ホルモン「オキシトシン」が十分に分泌されていなかった。オキシトシンを注射すると、マウスは正常に行動したという。こうしたオキシトシンの作用は最近になって解明され始めたが、その分泌に正常なCD38が必須だと証明されたのは初めて。

CD38
 白血球の表面にあるタンパク分子として発見され、白血病などのマーカーとして使われている。脳にも存在することが分かっていたが、脳に対する昨日は不明だった。今回の研究で社会生活に重要な脳視床下部に高濃度で見いだされ、オキシトシン分泌を促進することが解明された。

? 脳下垂体のオキシトシン分泌遺伝子にEg入れる。
? CD38産生遺伝子にEg入れる。

最近は40台50台の人も多い。