2017年3月5日




又々快晴で山が見えない
新幹線の中から快晴で富士山が見えた??ダメ
菰野も寝釈迦見えない。
・・・・
黄化学スモッグ!(黄砂+pm,2・5)
いよいよ中國までプラズマ大調和かけまくろう!
アーオーウーエーイ-

大調和華けまくるしかない!!
壊しやトランプ。
あり得ぬデフレ脱却
財政破綻先延ばし
ハイパーインフレ 金融システム大崩壊
2025年金本位制復活
金融大崩壊国民犠牲
フーチ ・・・・70%
成長の時代の終わり・・/しかしAIとスパコンが夢の実現.フーチ・・・70% 大調和の夢の浄化!90%
????????



すべての疲労は脳が原因②
梶本 修身氏
フーチ 90%
  疲れの直接の原因となるのは活性酸素である
 細胞で活性酸素の攻撃をもっとも受けやすいのはミトコンドリアです。ミトコンドリアは「細胞のエネルギー工場」という異名を持つ、繭のような形をした細胞小器官です。

 ミトコンドリアでは、酸素を使って脂質と糖質からエネルギーを生み出しています。しかし酸素の消費量が多いので活性酸素が生じやすく、その被害を受けやすいのです。

 ミトコンドリアが傷つくとエネルギー工場としての機能が低下しますから、細胞はエネルギー不足に陥って疲れやすくなります。もっとも影響を受けるのは日常生活の活動や運動の主役となる筋肉、そしてつねに休みなく働いている自律神経の細胞です。
 また、活性酸素が遺伝子を傷つけると遺伝子に異常が起こり、がん細胞発生のきっかけにもなります。

         疲労遺伝子FFとは

疲労遺伝子FFとは特定の物質を指すのではなく、機能性を持つタンパク質の総称です。脳内の神経細胞などが活性酸素で酸化されると、細胞内から老廃物の一種が排泄されます。ケガをしたときに皮膚の傷口から体液が漏れ出るようなイメージです。その老廃物の増加がシグナルとなり、血液中などに疲労因子FFが増加します。

 そして、「活性酸素が細胞を攻撃して疲労因子FFが増えてきた」という情報が、大脳の眼窩前頭野という部位に伝わって疲労感を表出すようになるのです。

「疲労とは、疲労因子FFが体内に多く溜まっている状態」だということが判明しました。この結果は、疲労の研究にとって画期的な発見となりました。これまで疲労を定量化するにあたり、何を目安に「疲労度」を測定するべきかが明らかになっていませんでした。

 ところがこの発見で、血液を採取して疲労因子FFの量をチェックし、通常時と比べることにより、たとえ本人に疲れているという自覚がなくても、疲労の程度をリアルタイムにモニターできるようになったのです。


瞑眩(めんげん)とは何か? 服用し始めて数日で症状が悪化したり、不快な症状が出てきた場合には、選んだ処方が体に合っていない可能性が高いのですが、例外もあります。漢方薬は生体の新陳代謝や治癒力を鼓舞することが多いため、体の機能が漢方薬に反応する過程で、一時的に症状が悪化したり、予期せぬ症状が出現することがあります。これを漢方では瞑眩(めんげん)と呼んでいます(イ)
・・・・・・一般的にも、キツイ治療をすると(霊的な事も含め)一時的に擾乱現象が(ロ)起こる事もある。イとロは同じ様な事ですが大変!しかしこれを通り越さないと治らない事もある。そこで、キツイ治療はイ、ロに構わず徹底してやり、イとロ対策もやる!
イ、ロ対策は
この治療に関わる一切のイ、ロに関わる百兆個のソマチッドに(P)でOKの様です、

発達障害治療に道

タンパク質CD38対人関係能力に影響

白血球のき表面にあるタンパク質の分子「CD38」が欠損すると発達障害になる可能性が高い。

東田教授らはマウスを使った実験で、CD38が欠損していると仲間を認識する能力が低いことや、子どもの養育を放棄する行動パターンが現れることを突き止めた。
原因を探ると、相手を信頼して良好な関係をつくろうとする脳下垂体ホルモン「オキシトシン」が十分に分泌されていなかった。オキシトシンを注射すると、マウスは正常に行動したという。こうしたオキシトシンの作用は最近になって解明され始めたが、その分泌に正常なCD38が必須だと証明されたのは初めて。

CD38
 白血球の表面にあるタンパク分子として発見され、白血病などのマーカーとして使われている。脳にも存在することが分かっていたが、脳に対する昨日は不明だった。今回の研究で社会生活に重要な脳視床下部に高濃度で見いだされ、オキシトシン分泌を促進することが解明された。

? 脳下垂体のオキシトシン分泌遺伝子にEg入れる。
? CD38産生遺伝子にEg入れる。