2017年2月28日



毎日の様に出鱈目ニュース
モウ何もかも無茶苦茶
自分に大調和かけるしかない!
・・・・・・・
・凄いニュースの目白押し
・でも殆ど出来レース
・それぞれ大いにプラス?だって今日は
・・・・・・
・今日は凄い晴れ・・・だが好いのかな??
・アーオーウーエーイー


世界の潮流が変わった①
増田 俊男氏
フーチ 90%
 経済優先の時代は自由貿易、国際協調、グローバル主義が基盤となり、政治優先の時代は保護貿易、自己利益最優先の一国主義の時代である。経済優先時の国益は自由市場から得られ、政治優先時の国益は戦争に求められる。政治優先が2017年からの世界の潮流である。

 世界がいかに新たな政治・経済の潮流の変化に対応するかが今後の見どころであり、我々の運命でもある。運命の成すがままに漂流するのか、それとも自ら己の運命を切り開くか。それは我々次第である。

☆大きな流れの見落とし、AIとスパコンによる
大革命及び大調和時代への足音!


長寿ホルモン大放出!
動脈硬化メタボ糖尿病

・健康長寿のカギ、“長生きホルモン”とは?
・長生きホルモン“アディポネクチン”はどんな人が多いの?
・長生きホルモン“アディポネクチン”を増やす方法を知りたい!
・アディポネクチンを測るには

長生きホルモン“アディポネクチン”は

どんな人が多いの?

アディポネクチンは主に内臓脂肪によって分泌されます。なので、内臓脂肪が痩せすぎている(内臓脂肪や体脂肪レベルが極めて低い)と、栄養不足でアディポネクチンを分泌できません。

でも一方で、太りすぎて内臓脂肪が膨らむことでも、アディポネクチンの分泌は弱まります。つまり、アディポネクチンをよく出せるのは、丁度良いサイズの健康な内臓脂肪を持っている人なのです。特に注意した方がいいのは、へそ周りが男性85センチ、女性90センチ以上の方で、特に運動の習慣のない方です。アディポネクチンの分泌が低下している可能性があります。

☆毎日内臓脂肪にEg入れる  2-3分


家庭の医学②
近藤  誠氏
フーチ  85%
    高コレステロールは長寿のもと
 コレステロールは人間の体にとってとても重要な物質です。あらゆる細胞膜の構成成分であり、性ホルモンや副腎皮質ホルモンを作り、胆汁の元にもなります。赤ちゃんを育てる母乳にも、コレステロールがたくさん入っています。
男性はコレステロールが高い方が長生きするし、女性にコレステロールのクスリを飲ませているのは、日本だけです。
日本では長い間、日本動脈硬化学会が「総コレステロール値が220以上の人はクスリで下げましょう」と勧めてきました。
男性は悪玉コレステロールが「低い」人ほど短命
 総コレステロール値が300を超えるほど高いと、狭心症や心筋梗塞など冠動脈疾患の発症リスクが高まります。しかし、それをクスリで下げるとさらに危険なので、治療しない方がい