2017年2月26日



異常な未体験の気象の連続!
しかしその先は大調和の予感と事実(フーチ)
実相久遠!
・・・今日は素晴らしい快晴!
アーオーウーエーイ-


長寿のカギ?サーチュイン遺伝子と
カロリー制限について

 サーチュイン遺伝子を活性化させるのはカロリー制限だけではない。
SIRT1遺伝子の寿命延長以外の作用
1.アルツハイマー病
2.骨粗しょう症
3.動脈硬化
☆老化を抑える遺伝子「サーチュイン遺伝子」に
Eg入れる


 サーチュイン遺伝子の活性化は、ミトコンドリア合成に必要な遺伝子の働きを刺激し、新しいミトコンドリアも生成されるようになります。新しいミトコンドリアは効率の良いミトコンドリアで、老化の原因ともいわれている活性酸素をあまり排泄することなく、おおくのATPを合成します。その結果、活性酸素による害が少なく、また、豊富なATPによってエネルギーも十分にあるため、寿命が延びるのではないかと考えられています。

 サーチュイン遺伝子を活性化させるのはカロリー制限だけではありません。主にぶどうの皮に存在し、赤ワインにも含まれるポリフェノールの1種「レスベラトロール」という物質もサーチュイン遺伝子に作用することが分かっています。食事を我慢しなくても長寿遺伝子を活性化させる事ができるということで、各社からレスベラトロールを含むサプリメントが販売されており、インターネットで購入することも可能です。

成功の教科書
原田 隆史氏
フーチ 90%
        成功は「技術」です
・Dream       大きな夢を描く
・Goal        夢を具体的な目標に変える
・Plan&Check  目標達成のための方法を考え、
やる気にスイッチON!
・Do          できることの継続とやり切りで
心を強くする
 ・See         考察と手入れで心を整理する
 成功のための第1原則は、「成功する」と決めること。成功のための第2原則は、大きな成功は小さな成功の積み重ね(スモールステップの原則)ということ。人生は成功するためにある!
 夢は思っているだけではかなわない。「成功のプロ」はみんな書いている。書くことで、セルフイメージを強化している。

カンピロバクター食中毒
 ヒトのカンピロバクター感染症では、発熱、腹痛、下痢、血便を伴う腸炎症状がみられ、治療をすれば2-5日で回復することが多いのですが、特に症状が長引く場合もあります。また、まれに虫垂炎や腹膜炎等の下痢症以外の症状がみられることもあります。菌が体内に侵入してから発症するまでの潜伏期間が比較的長く、一般に2-7日間かかるのも特徴です。
         感染経路
 下痢等の症状があるか、もしくは一見健康そうな家畜(牛、豚、鶏)、あるいはペット(犬、猫)などの腸管内にもカンピロバクターは存在し、これらの動物の排泄物により汚染された食品や水を介して人に感染します。また、比較的少ない菌量(100個程度)で感染が成立することから、小児ではペットやヒトとの接触によって直接感染することもあります。鶏肉などの肉類は本菌により汚染されている可能性も高く、そのため、これらの食品はカンピロバクター食中毒の主要な原因食品にもなっています。また、この菌は低温に強くて4℃でも長期間生存しますので、一般の細菌と同様に、または、それ以上に冷蔵庫の過信は禁物です。

 2005年には3439名にまで増加しました。また、カンピロバクター腸炎発生にはその他の細菌による腸炎がピークを示す夏期(7-9月)よりやや早い5-7月にピークがみられ、サルモネラ、腸炎ビブリオ等による細菌性の食中毒の発生が少ない冬季にも発生が認められています。

 さらに、問題になっているのは本菌がギランバレー症候群の原因ではないかと疑われていることです。ギランバレー症候群とは急激に発症する主として運動障害を起こす末梢神経疾患で、下肢の筋力低下による歩行困難、顔面の神経麻痺、それに重症例では呼吸筋も侵されて人工呼吸器が必要な場合も起こりうる病気ですが、本症候群とカンピロバクター菌との関連が推測されています。