2017年2月22日



ある日
生命が降ってきた
無限の生命
相結合するフォロスフィールド

十方世界コトゴトク
生命
そしてソマチッドが絡んだ世界
全てを新品にしましょう

・・・・実相円満完全
アーオーウーエーイー



ソマチット 不死の生命体⑤
                福村 一郎氏
        ソマチット作用の強弱
 化石の中とか、マグマを通過して火山下部にたまった水などの存在するソマチットを、とくに「古代ソマチット」と名づけ、一方、現在一般的に動植物の内部に共生するソマチットを「近代ソマチット」と呼んでいる。
 あえて古代と近代とを分けたのは、実際に古代ソマチットを動植物に与えた場合には、健康度が飛躍的に増大する事がわかってきたからである。
 マグマを通過したルルド(フランスのピレネー山脈の麓)の水、フンザ(パキスタンのヒマラヤ山脈の麓)の水などは、病人をも癒す“奇跡の水”として特に有名だが、近代では化石の中に古代ソマチットが存在することがわかってきた。

ソマチッドが行う免疫

 ソマチットの特徴として、まず次の二つがあげられる。
1.共生する生物の生命を可能な限り存続させる活動を行っていること
2.生命維持の活動を行うと共に、必要な物質を作り出すこと
 その最大の特徴とは、病気にかからないようにする働き、すなわち免疫機構である。

   ソマチット特有の作成(究極のバリヤー)

 ソマチットは、千度以上の高温にも耐えられる特性がある。またソマチットは、その場の状況に応じて、さまざまな殻を作成できる能力をもっている。最も丈夫と考えられる殻は直径二ミクロンほどの大きさの球形で、銀色に輝いている。

 地球上の自然化において考え得る最高温度と最高圧力に耐えられる強さをもつところから、「究極のバリアー」と私は名づけた。

ムーハウツウ
何もかも一発
天蔵貯金もすぐに数兆倍
この先何が起きるか!?愉しみ!
世界平和!!


脳梗塞の“前触れ”
一過性脳虚血発作とは?


原因は主に二つ 

・動脈硬化が原因の場合

この発作の多くは動脈硬化が原因で起こります。比較的太い動脈(特に頸部の頸動脈)に動脈硬化が起こると、その表面に血栓が付着します。 この血栓がはがれ、血流にのって、より先の動脈に引っかかるとまひなどの症状が出現します。

血栓が小さい場合は、すぐに溶けて流れ去ってしまうため、血流が回復して症状も消えてしまいます。
・心臓が原因の場合

心臓で作られた血栓が脳の動脈に流れていき、動脈が詰まると症状が出てきます。心臓に血栓ができやすくなる心臓の病気としては、心房細動という不整脈が圧倒的に多く、心筋梗塞、人工弁なども原因となります。ただ心臓にできる血栓は大きいため、一過性脳虚血発作よりは大きな脳梗塞(心原性脳塞栓症)として起こってくることが多いようです。

水子霊対応0000童子の霊之
 82兆×100万個のソマチッド之インクルードワールド
             (p)↑30億年前に戻す
テスト 氏名0000之心身の状態
氏名0000之82兆×100万個のソメチッド
                   ↑(p)

  決め手はイメージ力と集中力
   かのシルバーメソッド参照
 時空研では何もしなくても最初から基本浄化のお蔭で脳波θ-波以上・・・更に十二鏡二枚(一枚でも可)で
  δ波→ミッド波→脳波無→エミール師並み→神意識です。