2017年2月15日




雪に煙る山々
下界は晴れて麦畑が緑に映える
こまめに変わる天気
これも人工と自然の入り交じりか?
CFRはどうしたいのか?
メンバーにトランプ対応と同じ事をやれば
世の中平和に!



独り言810
世の為、人の為、人類の為に
 主要な各国のメンバーに(10人から20人)
やってみよう!!
1、外側視索前野のEG抜きまくる
2、23のチャクラ締めまくる
3、全員が必殺仲良し
4、宇宙神に頼む 大調和!!

これで超平和へ


片足立ち



片足立ち20秒出来ることに関る数百兆個のソマチッドに(P)



脳の一切の血管・アテローム・マクロファージ・血小板のEGぬく


  

トランプ・ショック  世界の秩序は


 キッシンジャー氏へのインタビューを概括すると、トランプ氏が選挙期間中に主張していた外交政策を、よりスマートにかつロジカルに言い換えたものと言えるだろう。日経新聞は「「孤立主義」あり得ない」という発言を見出しに掲げているが、トランプ氏は、“米国第一主義”(外交や対外活動は米国の国益を基準に判断)を唱えたのであり、トランプ外交政策=「孤立主義」というのは一部メディアや識者の誤読(ないし反トランプに誘導するための言辞)でしかない。キッシンジャー氏の発言からポイントになるものをざっと拾い出すと、「第2次大戦後に現れた世界は終わろうとしており、多くの国々の関係を再定義する必要に迫られている」。「多くの同盟関係はソ連が大きな脅威だった時代に生まれたものだ。今、新しい時代において脅威の内容は違っている。それだけ取っても、すべての同盟は再考されなければならない。

新しい現実に立ち向かうため、前向きな意味で再考すべきだ、ということだ」「指導者たちは執務室で同盟の評価を重ね、その評価を基礎として(同盟を)修正しなければならない」、「米中戦争」の可能性を否定するところから始めるべき」。