2017年2月5日



寝釈迦が雪に覆われ
太陽を浴びて光輝く
凄い輝き!
ぐっと睨んで 実相顕現の連発!!
アーオーウーエーイー



トランプ政権誕生から始まる
「新しい現実」 

ベンジャミン氏
フーチ 80%

 マスメディアを操り、トランプ政権誕生に異議を唱える欧米寡頭権力。台頭する世界の新指導者たちとヨーロッパの混乱。最後の巻き返しを画策する欧米寡頭権力と新勢力の反撃。

 彼らは、工作の一環として2016年12月16日に米連銀(FRB)を通じてアメリカの利上げを発表している。その影響で新興国からアメリカへと資金が逆流し始めれば新興国の景気は鈍化、さらには新興国をマーケットにしている先進国も大打撃を受けることになる。

 そうなれば、世界経済の冷え込みは避けられないだろう。これら欧米寡頭権力の金融工作は、2017年中に本格化するとみられている。

もちろん、それに対する反撃も既に始まっている。現在、米軍幹部筋を含む複数の筋の間では、「ロックフェラー一族のトップであるデイヴィッド・ロックフェラーと、最近ロスチャイルド一族のトップに選ばれたナサニエル・ロスチャイルドが暗殺された」との情報が飛び交っている。

ペンタゴン筋は「トランプ新政権が正式に発足した後、欧米寡頭権力の面々を戦犯として、本格的に軍事裁判の準備を始めるつもりだ」と話している。

 そこでは「9・11テロ」や「イラク侵攻」、「3・11テロ」…等々の真相追及も予定されているというが、CIA筋によると、その裁判が始まる前にパパブッシュ、ヒラリー、ビル・クリントンの姿は消えるという。


 ただし、たとえブッシュ・クリントンの姿が消えたとしても、彼らの罪に加担してきた米当局(CIAやNSA:米国国家安全保障局、ペンタゴンなど)の内部に潜む犯罪分子は、もれなく裁判に引きずり出されると同筋らは伝えている。

また、ペンタゴン筋の話では、ブッシュ、クリントンの命令で日本政府を操ってきたリチャード・アーミテージやマイケル・グリーンなども、いずれ法廷で裁かれることになるという。そうなれば、日本はようやく真の独立を手に入れ、2017年中にもジリ貧に陥る今の経済状況や少子高齢化…等々の解決に乗り出すことができる。

<時空研体験レポート>
 私は、現在50才男性、自由業。時空研歴10ヶ月。中学生の頃、母がアルコール
依存症から鬱病になり自殺。姉は、重症の障害者という経済的にも精神的にも決して
恵まれたとは言えない家庭環境に育ちました。中学時代は不登校、青年期まで精神不
安の状態が続きました。クライ人だったのです。

 父は会社を立ち上げ、一緒に経営しておりました。しかし、姉の状態が悪くなると
その鬱憤を私に晴らすようになり、突然解雇されました。私は、家族を抱えてどうす
ることも出来ず悩んでばかり居ました。でもその時、この苦しい気持ちは、前世で他
者に与えた気持ちであるのではないか?と直感的に思いました。

 そんな時、時空研を知りセミナーを受け、基本浄化、水子供養をしました。そうし
たら、まず自分の顔が明るくなった事に気付きました。そのうち家族の表情までいき
いきとしてくるではありませんか!気まずかった父との関係まで暖かくなり、今では
一緒に食事が出来るようになりました。被害者と思っていた私は、かつて加害者であ
ると言う事を受け入れお詫び日記を書きました。書いているとなぜか心が暖かくなり
ますね。『すみません』という文字の波動が伝わってくるんでしょうね。

 職を奪われていましたので、趣味だった事を仕事にしました。仲良しノウハウを使
い色んな人にコンタクトを取ったら仕事が沢山舞い込みました。ギブアンドギブンで
をモットーに、お金にならない、奉仕のような仕事も率先してやりました。そしたら
関わった人達が、あなたと組んで仕事をしたいと言ってくれて次の仕事が入って来る
のです。、、ああこれが先生がおっしゃった、きれいなお金なんですね。まず人
が喜ぶ笑顔があって、そこから仕事が来てお金が入って来るんですね!お金をもらっ
ているのに『ありがとう』という言葉がワンセットで付いて来ます。こんな事が起こ
るとは!!

 昨年の自分を考えると奇蹟としか思えません。

 これからは、自分や家族の健康や子どもの将来が輝くよう、スピン片手に顔晴りた
いと思っています。お陰さまでラッキーマンになりました。

ありがとうございました ありがとうございました ありがとうございました 

カンピロバクター食中毒


 ヒトのカンピロバクター感染症では、発熱、腹痛、下痢、血便を伴う腸炎症状がみられ、治療をすれば2-5日で回復することが多いのですが、特に症状が長引く場合もあります。また、まれに虫垂炎や腹膜炎等の下痢症以外の症状がみられることもあります。菌が体内に侵入してから発症するまでの潜伏期間が比較的長く、一般に2-7日間かかるのも特徴です。
         感染経路

 下痢等の症状があるか、もしくは一見健康そうな家畜(牛、豚、鶏)、あるいはペット(犬、猫)などの腸管内にもカンピロバクターは存在し、これらの動物の排泄物により汚染された食品や水を介して人に感染します。

 また、比較的少ない菌量(100個程度)で感染が成立することから、小児ではペットやヒトとの接触によって直接感染することもあります。

 鶏肉などの肉類は本菌により汚染されている可能性も高く、そのため、これらの食品はカンピロバクター食中毒の主要な原因食品にもなっています。また、この菌は低温に強くて4℃でも長期間生存しますので、一般の細菌と同様に、または、それ以上に冷蔵庫の過信は禁物です。

 2005年には3439名にまで増加しました。また、カンピロバクター腸炎発生にはその他の細菌による腸炎がピークを示す夏期(7-9月)よりやや早い5-7月にピークがみられ、サルモネラ、腸炎ビブリオ等による細菌性の食中毒の発生が少ない冬季にも発生が認められています。

 さらに、問題になっているのは本菌がギランバレー症候群の原因ではないかと疑われていることです。ギランバレー症候群とは急激に発症する主として運動障害を起こす末梢神経疾患で、下肢の筋力低下による歩行困難、顔面の神経麻痺、それに重症例では呼吸筋も侵されて人工呼吸器が必要な場合も起こりうる病気ですが、本症候群とカンピロバクター菌との関連が推測されています。


トランプに賭けた未来
      ラストベルトに見た米国の今


 1月20日、第45代アメリカ合衆国大統領にドナルド・トランプ氏が就任する。いよいよ始まる「CEO型大統領」の型破りな変革は、アメリカにとって吉と出るか、凶と出るか。

 トランプ大統領を誕生させたのは“ラストベルト”に暮らす低中所得層の白人労働者だったが、4年後の大統領選を左右するのもまた、時代に取り残された彼らである。1丁目1番地の「雇用回復」に向け、メキシコに工場を構える自動車メーカーを狙い撃ちにするが、トランプ氏の介入で、製造業の町に再び輝きを取り戻すことができるのだろうか。グローバル化の波に揉まれるラストベルトを歩いて見えてきた、アメリカの未来とは。



 トランプ政権にとって厄介なのはISISに戦場でかっても終わりは来ないことユーフラテス渓谷に残るISISの勢力がゲリラ戦やテロを続ける。