2017年1月22日



雪は殆ど消え、明日は快晴とか
これ程の長期間は初めて

お蔭で大変な使命が飛び込んだ!

・・・( ^ω^)・・・
*フクイチの地下のデブリが、トリチュウムを大量に発散

東京周辺、福島周辺3000万人避難(中国へ?ロシアへ?)

更に地球全体の危機か・・
 使命 プラズマ大調和で解決か?!!



【慢性腎不全とは】


 '尿をつぐる腎臓の糸球体の能力(糸球体濾過値)が健康な人の六〇㍗以下に下がると、たんぱく代謝物の処理がうまく行われず、尿素・尿酸、クレアチニンが血液中に増加してきます。これを腎不全といいます。
 数日のうちに急激な発症をみる急性腎不全とちがって、数ヵ月から数年という長い時間をかけて、ゆっくり症状があらわれてきます。経過は、原因となる疾患によって、進行にちがいがあります。いろいろな治療法が研究されていますが、いまのところ有効な治療法がありません。このため症状は徐々に進行することが多く、最終的には透析療法が適用されることになります。
 【原因は】慢性腎不全の原因となる疾患は
 慢性糸球体腎炎60%・糖尿20%・腎硬化症・腎嚢胞各3~5%・・・

【症状は】腎機能は大きな予備力をもっているため症状を出さず、症状が出たころはかなり悪くなっているものです。慢性腎不全は、腎機能の障害の程度によって、四期に分けられる。

 腎臓の機能障害別の症状症状を、腎臓の機能障害別に分けてみると、つぎの三つに分けられます。
 ①排泄機能障害  老廃物、不要物を尿中に排泄する機能が障害されるためにあらわれる病状です。浮腫、高カリウム血症、アシドーシス(酸性血症)、高尿素窒素血症、高クレアチニン血症、高リン酸血症、高尿酸血症、.尿毒症毒素。
 ②代謝機能障害  腎臓には、体内で必要な物質を化学的に変化させて、はたらきをもたせたり(活性体にする)、分解したりする能力があります。この機能がそこなわれてあらわれる症状です。ビタミンDは腎臓で活性体に変わりますが、この機能が障害されると活性化されたビタミンDが欠乏してきます。そのため、くる病をはじめ骨軟化症、線維性骨炎などの骨合併症が発生します。
 腎臓はいくつかのホルモンを分解しますが、その分解能力も低下します。
 ③分泌機能障害  腎臓はエリスロポエチンやレニンといった物質を分泌します。前者は骨髄の造血能力を高めるホルモンであり、腎不全で分泌が低下すると貧血になります。レニンというのは酵素で、腎不全になるとふえ、高血圧の原因になります。
①、③のような症状は、病期の1期から2期にかけては、ほとんど表面化しないのが特徴です。腎臓が大きな予備力をもっているからですが、そのため患者が気づいたときには、腎臓機能はかなりそこなわれていることになります。症状らしい症状が出てくるのは、2期の終わりごろか、3期に入ったころからです。それも他覚症状がおもで、本人は気づかないことが多いのです。そして気がついたときは、もう4期の尿毒症の初期であることが少なくありません。
 【診断は】臨床所見  多尿や乏尿などの尿異常のほか、むくみや頭痛、不眠をおこしたり、体重が増減します。精神的には、虚脱感、倦怠感、不安感にとらわれることがあります。
 血液検査 高クレアチニン血症や高尿素窒素血症がみられます。
 血中クレアチニンが一・五ミリg/デシリットル以上、血中尿素窒素は二〇・○、mg/デシリットル以上を持続している.と、腎不全と診断される。
 *腎臓・腎糸球体
 *メザンギュウム細胞 之メンタルレベル
 腎柱・腎門・腎盂   之  免疫複合体
 腎杯・腎乳頭        フリーラジカル
               クレアチニン・歪電子  之メンタルレベル
               尿素窒素・IgE,GA抗体
               コクサッキーウイルス




株価4万円へ!

日経平均は市場最高値へ一直線

 世界の投資家が熱視線を送る「黄金の国ジパング」。この本来の強さを信じる者だけが儲かる時代がやってきた。

    米国や欧州の金融当局が利上げで引き締めに転じる中で、日銀だけが金融緩和でジャブジャブお札を刷りまくっています。

    そのうえ日本には3年後の東京五輪というハッキリとした目標がある。16年末には東京、岐阜、長野、名古屋で次々にリニア中央新幹線が本格着工し、今年、来年と高速道路や鉄道など大規模なインフラ投資が本格化することが約束されています。

 日本のマクロ経済が五輪に向けて急拡大するのは確実で、大型の時価総額はどんどん上がっていきます。1ドル=150円で釣り合う。 ☆35%





心を生みだす脳のシステム②
終わり
茂木 健一郎氏
 情報処理の「ハブ」としてのミラーニューロン
 視覚と運動、自己と他者、空間知覚、ボディ・イメージ(身体感覚)―。これらの全てに、そしておそらくその他のさまざまな機能に関わっているであろうミラーニューロンは、まさに脳の情報処理における「ハブ」(中軸)と言ってもいい存在である。

 もちろん、ミラーニューロンという単独のニューロンが、私たちの意識を支えているというわけではない。ミラーニューロンも、運動前野から取り出してペトリ皿の上に置けば、なんの変哲もないただのニューロンである。

 ミラーニューロンが脳というシステムの中で特別な役割を果たしているとすれば、その特別な役割を与えているのは、ミラーニューロンを取り囲む脳の中のニューロンの関係性である。この「関係性」こそが、私たちの心を生み出す上でも重要な役割を果たしている。


供養体験

 先日探査していただいた、義母・Aに関る甲家(義母の実家)の5人のご先祖様の光ハウツウをやったところ、早速良くなった事がたくさんあります。
 まず義母は一段とノーマルになり、一皮剥けた感じです。

 また、光ハウツウをやってすぐに、私の弟と母に会ったのですが、なぜか二人ともものすごく良くなっていました。

 母や弟は、表情が死んでいるというか(夫は「亡者のようだ」と言っていました)現実との間に膜が張ったような感じがずっとありましたが、今回はじめてそれが見事に直っていました。すりガラスの向こうにいる人みたいな感じだったのが、ダイレクトになりました。

 私・Sも、一段と治ってきていると思います。一昨日くらいから、多重人格が統合されはじめているような感覚があります。夜寝ていると、体から生皮を剥がされるような感覚や熱感があり、何かがなくなるような夢ばかり見ています。今日は少し熱がでました。(多重人格が治る過程で、発熱がある事が多いそうですが、知恵熱のようなものでしょうか)
 このように、思ってもいなかった方向に効果が広がっており、驚いています。本当にありがとうございました。