2017年1月17日



想定外の雪雪雪・・・( ^ω^)・・・
何もかも人工??
でも八大さんは効きますね!
おおとのちのおおみかみさま
天の御中主之神様
・・・・限界を超えた変化の連続
アーオーウーエーイー



100年生きるのは幸せか

・自分の足で歩けるのは5人に1人
・8割の人が認知症に
・一人当たり年間300万円を税金から捻出
・カネが尽きた高齢者が集まる場所
 門松は冥途のたびの一里塚、めでたくもありめでたくもなし―一休の歌ではないが、現在の日本は長生きを素直に寿げない奇妙な社会になった。人生100年が珍しくない時代の「幸福論」。




世界一ラクな「がん治療」



「いい治療」で苦闘するより、「つらくない方法」でラクに長生きする。


「患者さんがいちばんラクに長生きするために必要な医療」を探しぬき、肯定してきました。患者さんに教わったんです。がんと闘わないこと、治療がつらいと思ったら「やめる」ことを選び、自然に任せていれば、がんでも決して、のたうちまわって死ぬことはない。
むくみや、腸閉塞や、肺炎の苦しみもない。つらい手術や抗がん剤治療、胃ろうや点滴などチューブだらけの延命治療は望まないという人が多い時代。
ガン標準治療(特に手術、抗がん剤治療)の結果、急に容体が悪化し苦しみながら亡くなっていった患者さんたちは無数に上る。今この瞬間も増え続ける何とも忌まわしい光景である。実はガン治療の現場にあたる相当数の医師、パラメディカルスタッフが「自分なら絶対ここでこの治療を受けない」とオフレコで吐露する現状は決して少なくない。・・・


・・・時空研ソマチッド治療が最高。そして神任せ!


ツワリなし安産  体験多数

 お腹の赤ちゃんは自分の子であってもいろいろな面で他人。免疫と一緒で自分以外のものを排除しようとする。それがツワリ。
 そこでお腹の赤ちゃんと母親の仲良しノウハウをするとツワリなしになる。
 具体的には
 氏名A之お腹の赤ちゃんの生気体・82兆細胞・脳一切に
 Aの生気体を入霊とやる。繰り返す。
 今までで最高の体験はツワリなしで予定日の午後2時まで働いていて、少し変だと思ってタクシーで産婦人科医へ(10分)診察受け30分で安産。 F・Uさん