2016年12月28日



一匹のカラスが
畦で
空を眺めて動かない・・・
黄化学スモッグの空
快晴でも山が見えない
アーオーウーエーイー
・・・・・・・
もう何もかもにプラズマ大調和波動流れ入る!!


お荷物だった資源部門が再びエースに
 三菱も三井も商社は完全復活する。利益が「4倍」になる。


厚労省が新たに認定した
「副作用のある薬30」

 ・降圧剤のノルバスクは劇症肝炎
 ・ラシックスは間質性肺炎
 ・利尿剤のダイアートは白血球減少
 ・糖尿病のジャヌビアとエクアは皮膚の水疱
 ・コレステロールのリピトールとリバロは筋力低下
 ・血液サラサラのリクシアナは肝機能障害
 ・胃薬のネキシウムは横紋筋融解症
 ・痛み止めのロキソニンは腸閉塞
 ・抗がん剤のオプジーボは紫斑病と心筋炎 
         ☆常に副作用消す



これが世界と日本経済の真実だ

高橋  洋一氏
フーチ  80%
 実際のところ、トランプの本質は、「Deal」にある。Dealとは、取引、交渉という意味で、トランプ自身が「私の最大の快楽はDealに勝つことだ」と堂々と語っている。マンハッタンで燦然と輝くトランプ・タワーも、アメリカ各地に保有するゴルフコースも、ビジネスでの「Deal」に成功した証拠である。

      パナマ文書が面白くない理由

 タックスヘイブンには明確な定義はないが、簡単に言うと、その域外の個人や企業に、税法上の優遇措置をとっている国は地方のことで、課税が著しく軽減されたり、まったくない国や地域もある。パナマ以外にも世界中に存在し、世界の金融資産のうち8%が租税回避地にあり、その額は6・5兆ドル(720兆円)と言われている。日本からも50兆円以上の資産がタックスヘイブンに流れ込んでいる。世界中の関係国の所得税・相続税の逸失額は年間で1500億ドル(17兆円)という試算もあるほどだ。


   中国経済はもう経済成長なんてしない

 本当のGDPは3分の1。ソ連のGDPは発表の半分だった。


卵巣がん・・卵巣に発生する悪性腫瘍(良性嚢腫が悪化)

 クルーケンベルク腫瘍 胃や十二指腸から転移、必ず両側の卵巣に発生。
  問題は原発部位より先に発見される事が多い。
 胎生期癌は進行が早く一番危険 十歳台の少女に出る。
  ・
発見が難しい癌で、年間三千人死亡
  かなり大きくなるまで無症状、コブシ大 膨満感、少し腹痛。月経は正常
   胸水、腹水がある事もある。
対応
 子宮、卵巣にEGを入れ、
    その腫瘍のEGを抜き、それらから、癌ウイルス、癌細胞、歪中性子
     フリーラジカル、ブドウ球菌、クラミジア、カンジダ等を抜く
 卵巣がんに関わる異常ソマチッドを抜く!