2016年12月24日

スモック快晴!
何もかも人工・・・
ヒラリーはロスチヤ系
ビルクリントンはロック系の隠し子
何が何だか・・・・・????
アーオーウーエーイー
天の御中主之神


*注意欠陥多動性障害の対応の箇条書き
1、水子供養 2、水子の生まれ変わりの時は、お詫び日記
3、生気体の(水子になった時)のトラウマ之メンタルレベルを抜く
  扁桃核の今生生れた時のトラウマ之メンタルレベル を抜く
4、内側視索前野、外側視索前野之メンタルレベル を抜く
5、延髄、脳幹網様体、青斑核、尾状核にEGを入れ、ウイルスを抜く
6、第二頚椎の周辺筋肉、神経にEGを入れ、'ウイルス等を抜く
7、松果体にEGを入れ、HTLvーー一ウイルスを抜く

*不整脈の対応
  殆どの人が不整脈 十万回(一日)
 症状 イ、急に始まり、急に収まるーーー突然死につながる
    ロ、胸騒ぎ、血の気が引く 血圧の低下ーーー危険
    ハ、胸が苦しい ーーー狭心症
    二、数日続き、身体が苦しくなるーーーー心不全の可能性
 一、脈が飛ぶ 期外収縮  心筋症・狭心症・弁膜症(過労、ストレス)
 二、異常に早い 発作性頻拍症 脈拍150~200 めまい、息苦しい、失神
    心房細動 常時振う 胸苦しい、動悸、息切れ 血栓の恐れ
 三、異常に遅い 洞不全症候群
    洞結節(信号出す)脈拍30~40 失神、だるい、息苦しい
         心房 司令塔でないところが指令出している。
    房室ブロック 房室結節が信号をブロック
 これらを波動チェックして、異常の原因を確定し、時空研流対応する
   各カルテは別紙
*最も多い心房細動
  洞結節、心房にEGを入れ、コクサッキーウイルス、フリーラジカル
    IgE,G抗体等を抜く。
  更に、心房から、血栓、アテロームを抜く、
  叉、甲状腺機能亢進の場合多く、甲状腺組織にEGを入れ
    ウイルス、フリーラジカル等を抜く
   僧帽弁の故障の時も多いのでチェックする。
  僧帽弁にEGを入れ、右と同様に抜く

胃・十二指腸憩室

 憩室とは、消化管の壁の一部が管腔の外側にポケットのように張り出したものです。胃・十二指腸にかぎらず食道や小腸、大腸など消化管の各部位にできます。どの部位の憩室も、ほとんど自覚症状がないため、健康診断などでみつかるのが大半です。合併症をおこさないかぎり、とくに治療の必要はありません。
 胃憩室 消化管憩室としては発生頻度が低く、七〇-九〇%が噴門部分にでき、大部分は無症状で、高齢者が大半です。
 十二指腸憩室 大腸につぐ発生頻度で、その多くは中高年者です。下行脚内側の乳頭周辺に多く発生し、大きさは一-五センチで一個、または複数個できます。胃憩室と同様に無症状なケースが大半です。
 大腸憩室も含め対応は
 大腸壁粘膜・胃壁粘膜・十二指腸壁粘膜にEG入れ
  各憩室を抜き
  それら全てからフリーラジカル・ブドウ球菌・IgE,G抗体
   ヘリコバクターピロリ・コクサッキーウイルス等を抜く

【胃神経症とは】
 とくに胃の病気がなにもないのに、さまざまな不定の腹部症状を訴えるものです。胃神経症状のポイントはつぎのように整理できます。.
①食欲不振、心窩部(みずおち)の痛み、げっぷ、吐きけ、嘔吐、上腹部膨満かん感など胃に関するさまざまな訴えがあります。このような症状にもかかわらず、諸検査によって胃にはとくに異常はみられません。②①の訴えが長期にわたって続くのですが、そのわりには症状の悪化が少なく、全身の衰弱がみられません。③症状の背景に精神的なストレスがからんでいます。④痛みを訴える場合、日によってその部位がちがったりすることもよくあります。⑤空気嚥下症や、過敏性腸症候群などをともなうことが多くみられます。
対応 食道裂孔ヘルニアをチェックする。
  内臓神経節・太陽神経叢・副交感神経・B系神経にEG入れ、
  交感神経・青斑核のノルアドレナリン・A系神経のEG抜く