2016年12月23日


常識のマインドコントロール④

笹川  英資氏
いよいよ!
何もかも人工
支離滅裂
大転換点の始まり
今年中の様です
ドン曇りの中
寝じゃかのみデン
ケムトレイルが二本タナビク
長く太い
札幌は12月としては38年振りの大雪!
アーオーウーエーイー

        演出される奴隷社会
 米国の支配層や英皇室は第2次世界大戦中にも、ドイツを秘密裏に支援し、燃料や装備部品を供給していた。「連合国」が何よりも防止したかったのは、戦闘の短期終決である。第1次世界大戦中においては、ドイツ国内で深刻な食料不足が発生し、ドイツは戦闘機継続が困難になった。そこで英米の支配層は、「ベルギーに食糧支援」という名目で大量の食料物資を大陸に送ったが、列車はベルギーを通り越してドイツに入った。

 第2次大戦では、ヨーロッパでの戦闘を短期終結させるイタリアから北に向けての侵攻ではなく、多くの犠牲が出て逆に戦闘が長引くのが明白なノルマンディー上陸を故意に強行した。

 この世界大戦も、ベルサイユにおいて20年も前に計画されたものであった。正確に言うと、20世紀に世界大戦を3回繰り返す企画が練られたのは、19世紀のことであった。

 中央銀行の5000年にわたる通貨独占の陰謀は古代バビロニアにさかのぼり、この国家自体が奴隷国家であった。つまり、強力な中央銀行が支配する国は、今でも奴隷国家であり、医学界あるいは一部の支配者を益するために大量虐殺が日常茶飯事となる。この体性においては、利益獲得の手段は厭わない。そのひとつが世界的に蔓延している麻薬であり、麻薬は国民を支配するのに非常に効果的である。

 フランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領は麻薬密輸家系の子孫で、彼のミドル・ネームは母方の祖父ウォーレン・デラノにちなむものである。この人物は、香港で最大の阿片ディーラーであった。真珠湾「奇襲」を演出したのはこの大統領であるが、その理由は、ヨーロッパの世界大戦に参入する口実が必要であったことと、日本と中国の敵対が新世界秩序のプログラムの一環であったことである。真珠湾には老朽艦が1列に並べられ、新鋭の戦艦や航空母艦は退去され、水兵の損失を除けば実際の軍事上の損失は最低限であった。

 しかし、「卑劣な攻撃を受けた」として米国民の怒りは極に達し、「奇襲」の政治効果は絶大であった。これによって米国大統領は、即座にカナン人の謀略、第2次世界大戦という人類大虐殺に参入することができた。
 カナン人が支配する世界では、定期的に大量の犠牲者がバアル神つまりサタンに捧げられるが、このような重大な事実が歴史の教科書に書かれることがないのは、カナン人が「マスコミ機関」と「教育機関」を支配しているからである


*食道裂孔ヘルニア症候群
 ヘルニア迄はいっていないのですがーー
  胃腸が風邪の為におかしくなった。
 コクサッキーウイルスが引き金で下痢、嘔吐、当然時空研的には
   ウイルスを抜きヘリコバクターピロリを抜く
  又その他の方法で治っても、膨満感が残って物が食べれない。腹部圧迫感。
 この場合 裂孔ヘルニア迄はいっていないが、
   食道裂孔周辺横隔膜が、ウイルス、へリコにやられていることが大半
  食道下部括約筋、靭帯はそれ程問題ない事が多い。
 従って胃腸が治った後の膨満感、圧迫感症状は
 氏名  之食道裂孔周辺横隔膜にEGを入れ、コクサッキーウイルスと
        ヘリコバクターピロリ菌を抜けば軽快


未来の変え方
 理想の未来を生きる自分を、脳と体でしっかりと“実感”すること。必要なのは時間ではありませんでした。努力の積み重ねでもありませんでした。スキルでもありませんでした。人脈でもありませんでした。自己投資の金額でもありませんでした。エネルギー、脳、行動、意識、時間。
☆そしてステージの用意  
その為にはあらゆるノイズの浄化がまず第一
その次にEgすべてのチャクラ他、重要ポイントに Eg入れる
  脳の浄化・基本浄化の脳・意識のレベルアップ
  アルファ・シータ・デルタ・ミッド→
心を生みだす脳のシステム①
茂木 健一郎氏
 脳の中には、約一○○○億のニューロン(神経細胞)がある。それぞれのニューロンが、シナプスと呼ばれる数千から一万の統合を通して他のニューロンと関係を結んでいる。
 ニューロンにも、心はない。脳の小さな部分を取り出しても、そこには心がない。心を生み出すのは、脳全体にまたがって、一○○○億のニューロンが作り上げる。複雑で豊かな関係性である。つまり、心を生み出すのは、脳というシステムなのである。
 自分がある行為を「する」というのは、運動に関することである。一方、相手が同じ行為をするのを「見る」というのは、視覚に関することである。その両方に対して同じように活動するミラーニューロンのようなニューロンが構成されるためには、視覚情報と運動情報が渾然一体とならなければならない。さらには、自分自身の運動の状態をモニターする体性感覚の情報も融合される必要がある。


宇宙意識開発セミナー
平野 英雄氏
フーチ 70%
 私たちが生きている物質世界の周りには、非物質世界(目に見えない世界)、つまり宇宙空間がおおっていますが、この宇宙空間には人間文明を根底から変える力が存在しています。
 エネルギー資源としては、電気に変換できる無尽蔵の影のエネルギー(フリーエネルギー)が宇宙空間に充満し、心と関連するものとしては、宇宙の理念に沿った生き方を導く宇宙意識が存在しています。
 瞑想に入ると、私たちの体は地球の電気的な場と共鳴します。7ヘルツというと、アルファ波(8から14ヘルツ)とシータ波(8~4ヘルツ)のちょうど境目に当たりますが、この7ヘルツ付近の脳波の状態こそ“ウトウト状態”、つまり夢見心地とか瞑想状態と呼ばれるものなのです。
      宇宙意識と一体となる気功法
 気功の「気」という字には「呼吸」の意味があります。また、「功」の字には、絶えず呼吸や姿勢を調整し、練功(練習)していくという意味があります。
 気功は、呼吸法と密接な関わりをもつ鍛錬法なのです。ある意味で、座禅と非常に似たものといえるでしょう。
**時空研では・・・PF12鏡を持てば誰でも即、宇宙意識になれる。